盛岡中央高等学校単位制

先輩からのメッセージ

【全日型】
▼生徒の声
  • 基礎からの学習のおかげで、苦手だった数学がわかるようになった。とてもうれしい。
  • 自分のペースでじっくりと勉強できる。自分にとって、最適の学校のような気がする。
  • 「いじめ」「不登校」など、自分と同じ体験をしていた友達ができた。今では、本音で語り、励まし合いながら頑張っている。
  • 「ゼミ」は気の合う仲間や先生と一緒の活動で、一番楽しい時間!自分の趣味をのばしたり、友達を見つける最高の時間です。
  • 苦しい時、悩んだときも先生方が相談相手になってくれる。「ひとりぼっちじゃないんだ」と頑張る気持ちがわいてきた。
  • 少人数での学習で、わからないところも先生がしっかり教えてくれる。これなら苦手教科も頑張れる。
  • 苦手科目で、小学校・中学校の時に理解できないままになっていたところを復習できた。自信を持って先に進めそうです。

▼保護者の声
  • Aさん(男子生徒の祖母)
    入学当時、欠席が多く、成績もあまり良くなく心配していたが最近はほとんど欠席することもなくなり、成績面でも不安はなくなった。最近は弟や妹に教えたりしている。
  • Bさん(女子生徒の母親)
    娘は体調や気分で欠席が多くなりがちだが、何とか3年生まで進級できた。通信制の仕組みと、優しい先生達のおかげと感謝している。何とか進路目標を達成して欲しい。
  • Cさん(男子生徒の母親)
    中学時代は欠席が多く、別室登校がほとんどだった。今は午後早退することはまだまだあるが、ほとんど欠席しなくなった。家庭でも勉強するようになってきている。進路を真剣に考えさせたい。



  • Dさん(女子生徒の母親)
    小学校高学年のある時期から登校を渋るようになり、保健室登校や不登校支援センターへの登校でここまで来た。この学校に入学してからは電車通学、新しい人間関係など悩みが絶えないはずなのに「休みたい」と言わない。「先生達や、友達に食べさせたい」とお菓子を造り持って行こうとするなど、学校が楽しくてしょうがないようだ。
  • Eさん(男子生徒の母親)
    小学2年の頃から登校できなくなった。中学もほとんど登校できなかった子が、毎日制服を着て、弁当を持って登校する姿に涙が出るほどうれしいと思う。
  • Fさん(女子生徒の母親)
    先生嫌いのはずだった娘が、職員室に入り浸りになっていると聞いてびっくりしている。家に帰ると友達の話、先生とのやり取りを機関銃のように話しています。
  • Gさん(女子生徒の母親)
    制服を着た子を送り出すのが夢でした。小5から中3まで不登校でしたがこの学校に入って1日も休まずに登校しており、夢がかなった気持ちです。家に帰って学校の話、友達の話をたくさん話してくれます。
  • Hさん(男子の母親)
    八幡平市から毎日通学しているが、近所の方から「表情が明るくなった」「楽しそうだね」と言われてうれしい。本人も学校は楽しいと言っています。


  • Iさん(女子生徒の母親)
    昼ご飯を一緒に食べる友達ができたと聞いて驚いています。職員室登校ではあれ、この学校に娘の居場所があってうれしい。先生方の暖かい対応にも感謝しています。
  • 先生方の親身なご指導に、子供たちも信頼感を持っていると感じています。安心しておまかせしています。


  • 「ゼミ」や「体験学習」など中学時代にはなかった新しい取り組みもあり、子供は楽しそうにしています。
  • この学校に入学してから、本当に明るくなり、学校の様子を毎日楽しく話してくれるようになった。

  • 中学校時代の不登校がうそのように、毎日元気に登校しています。先生方に感謝しています。

【通信型】
▼先輩の声
  • 最初は友達のいない学校に行くことはとても不安でした。でも、それを乗り越えたとき自分の強さに気づくことが必ずできます。
  • 単位制の先生は「ガンバレ」とは言いません。「無理しないでゆっくり」と言ってくれます。その言葉は忘れることができません。
  • 進学後にちゃんと学校に通えるか不安だったけれど、単位制に通ったことで適応力がついたと実感しています。
▼生徒の声
  • 行事がたくさんあるので、行事に参加したとき友達を作ることができた。
  • 前の学校で登校できなくなった自分が、いま高校生活をエンジョイできるなんて想像できなかった。
  • 姉妹校に専門学校がたくさんあり、見学や体験が自由にできて進路決定が迷うことなくできそう。
  • 自分のペースで勉強を進められるところが魅力。空いた時間でアルバイトもできるので、親に経済的負担をかけなくてすみます。
▼保護者の声
  • この学校に、私たち親子はどんなに救われたことでしょう。こんな学校が存在することに感謝します。
  • 高校卒業後の進路に不安を持っていましたが、まったくの取り越し苦労でした。普通の高校となんら変わりない進路選択をすることができることに感謝します。
  • ついこの間まで、学校に行くことができず家にいた娘が、今ではスクーリングのない日も友達に会うために単位制に通っています。
  • 人付き合いの苦手だった子供が、学校の様子を楽しそうに報告してくれる。つらい時期を乗り越え親子の絆も深まりました。
 このページの先頭へ